ランキングで不動産投資する時のメリットデメリットについて

不動産投資 ランキング

ここ最近、銀行の金利もとても下がり、資産の運用を考えている方が多くなりました。その中でリスクが高いFXや株、投資信託、仮想通貨などではなく安定した収入を得る為に、不動産投資が注目されるようになってきました。不動産投資とは不動産を購入し、賃貸運用で家賃収入を得るという仕組みです。そこで不動産仲介業者をランキングで選ぶ際のメリット、デメリットをご紹介します。まずメリットとして入居率や紹介率を一目で比較する事が可能です。一方で、ランキングのみでは分からない事があります。それがデメリットになりますが、インカムゲインをメインに不動産管理を行っている会社かどうかです。せっかくの投資ですので家賃収入をしっかり得たいですよね。売買専門の仲介業者では、賃貸取引の知識が乏しく、安定した家賃収入を得るのが難しい為です。

不動産投資のランキングを検索する前に決めておきたいこと

ランキングで不動産投資の仲介業者を探す場合、最初に決めておきたい事は、どういった不動産を購入し運用したいかです。地元で物件が自分の目で確認できる物となれば、地元密着型の仲介会社を。地域は関係なく、幅広い不動産運用をしたいということであれば、全国展開の大手仲介業者がお勧めです。その他、海外向けの不動産投資の仲介業者も存在します。まずどういった物件を希望しているかを明確にするのがよいでしょう。その後に地域などを絞った上で、ランキングを検索するとよりスムーズに自分の希望する不動産投資先を探す事ができるでしょう。そして投資する物件の種類もある程度決めておきましょう。一戸建て、マンション、アパートなどがあります。仲介業者によって、得意不得意分野がありますので、その点も考慮して仲介業者を選ぶ必要があります。

不動産投資のランキング活用とプラスアルファで必要なこと

不動産投資の際に入居率や紹介率など、ぱっと見てその仲介業者の情報を得られるランキングを活用する事は大変便利な事です。それに加え、実際に不動産投資で確実に利益を上げたいという事を考えると、数字のみで判断せず、信頼できる仲介業者を見つける事が1番重要です。ランキングで気になる仲介業者をピックアップした後に、投資プランをそれぞれの会社に作成してもらい、比較検討すると良いのではないでしょうか。メリットのみならずデメリットもしっかり教えてくれる仲介業者を選びましょう。数年のみならず、その先のプランニングもしっかりしてもらい、長期のライフプランの中に組み込めるようにしましょう。ランキングによっては数年も前の物や、偏ったランキングもありますので、注意しながら活用すると良いでしょう。